5374円 ≪2018年度WS誌年間TOP100入り「そのもの」≫●[WS96点/GTW96点/BC95点/JS94点/RP92点] フェルトン ロード ピノ ノワール "バノックバーン" セントラル オタゴ [2017] (正規品) Felton Road Pinot Noir Bannockburn [赤ワイン][ニュージーランド][セントラルオタゴ][750ml] その他 ≪2018年度WS誌年間TOP100入り そのもの ≫ WS96点 GTW96点 BC95点 JS94点 RP92点 フェルトン ロード ピノ ノワール "バノックバーン" セントラルオタゴ Bannockburn 750ml ニュージーランド 正規品 Noir 早割クーポン オタゴ Pinot Felton Road セントラル 赤ワイン 2017 5374円 ≪2018年度WS誌年間TOP100入り「そのもの」≫●[WS96点/GTW96点/BC95点/JS94点/RP92点] フェルトン ロード ピノ ノワール "バノックバーン" セントラル オタゴ [2017] (正規品) Felton Road Pinot Noir Bannockburn [赤ワイン][ニュージーランド][セントラルオタゴ][750ml] その他 "バノックバーン",その他,/advocator1397767.html,オタゴ,ロード,ノワール,Bannockburn,セントラル,Road,Noir,ピノ,[2017],≪2018年度WS誌年間TOP100入り「そのもの」≫●[WS96点/GTW96点/BC95点/JS94点/RP92点],[赤ワイン][ニュージーランド][セントラルオタゴ][750ml],5374円,christon.ee,Felton,フェルトン,(正規品),Pinot ≪2018年度WS誌年間TOP100入り そのもの ≫ WS96点 GTW96点 BC95点 JS94点 RP92点 フェルトン ロード ピノ ノワール "バノックバーン" セントラルオタゴ Bannockburn 750ml ニュージーランド 正規品 Noir 早割クーポン オタゴ Pinot Felton Road セントラル 赤ワイン 2017 "バノックバーン",その他,/advocator1397767.html,オタゴ,ロード,ノワール,Bannockburn,セントラル,Road,Noir,ピノ,[2017],≪2018年度WS誌年間TOP100入り「そのもの」≫●[WS96点/GTW96点/BC95点/JS94点/RP92点],[赤ワイン][ニュージーランド][セントラルオタゴ][750ml],5374円,christon.ee,Felton,フェルトン,(正規品),Pinot

≪2018年度WS誌年間TOP100入り そのもの ≫ WS96点 GTW96点 BC95点 JS94点 RP92点 フェルトン ロード ピノ ノワール

≪2018年度WS誌年間TOP100入り「そのもの」≫●[WS96点/GTW96点/BC95点/JS94点/RP92点] フェルトン ロード ピノ ノワール "バノックバーン" セントラル オタゴ [2017] (正規品) Felton Road Pinot Noir Bannockburn [赤ワイン][ニュージーランド][セントラルオタゴ][750ml]

5374円

≪2018年度WS誌年間TOP100入り「そのもの」≫●[WS96点/GTW96点/BC95点/JS94点/RP92点] フェルトン ロード ピノ ノワール "バノックバーン" セントラル オタゴ [2017] (正規品) Felton Road Pinot Noir Bannockburn [赤ワイン][ニュージーランド][セントラルオタゴ][750ml]




[TOP100] NZ歴代1位
■スペクテイター史上ニュージー歴代ナンバーワン
スコア樹立!更にこの10年で2本のみの快挙!

【Felton Road Pinot Noir "Bannockburn" 2017】

★★ 発表時には手に入らなかった…これが現物! ★★



現物そのものを入手!
昨年2018年末に発表された、毎年恒例、ワイン・スペクテイター誌の年間TOP100。ここで見事【#12】…世界第12位に選ばれ、ニュージーランドとしては堂々年間ナンバー・ワンに輝いたワインがこの 『フェルトン・ロード』 手掛ける 『バノックバーン』 の’17年でした。

当時の日本現行年号はまだ’16年(→こちらにて販売中)で、そのものは手に入らなかったのです。

輸入元の度肝を抜いた’17年。

正規インポーターでは、この’17年を指して、「試飲して驚いた。これまでのバノックバーンとは次元が違う。」と述べています。TOP100など抜きにしてもあまりに素晴らしかったことに感動し、現地に電話してブレア・ウォルターと直接お話したそうなのですが、彼も2017年は同様に完璧と自負しており、また輸出先の各国から同じようなことを言われている、と述べていたそうです。

なお、受賞した【WS96点】とは、2019年6月時点で、過去6530本が掲載されるスペクテイター誌の歴代ニュージー・ワインの "史上第1位"。タイで三本が並びますが、もう1本もこのピノです(’15年)。



おさらい…バノックバーン・ピノとは。

『アタ・ランギ』、『リッポン』 と並び、ニュージーランドに僅か三生産者しか存在しない、"三冠王"(NZ三大格付けの全てにおいて最高ランクの五ツ星【★★★★★】を獲得する生産者)のフェルトン・ロード。そのアプローチ版にあたる所謂「スタンダード・ライン」がこちらのバノックバーンです。フェルトン・ロードほどになると、やはり通常版ですらもそのクオリティにも目を見張るものがあります。

バノックバーンとはセントラル・オタゴの中の小区画(詳細後述)の名称で、ここに位置するフェルトン・ロードの三つの畑~『エルムズ』『コーニッシュ・ポイント』『カルヴァート』~からの果実をブレンドしたものです。当’17年は未試飲ですが、前作は本当に旨かった…。

2015年5月13日に東京は渋谷で開かれた、日本で最も大きなNZ試飲会の一つである、ニュージーランド・ワイングローワーズ協賛の業者向け試飲・商談会に並んでいたフェルトン・ロードがバノックバーンの’12年でした。正直、この年に関してはブロック・シリーズが必要無いのでは?と思うほど美味で、価格で言えばブロック・シリーズの半額ですが、そこまでの品質格差を感じませんでした。

2017年。

ニュージーランド全体としては、2017年は決して良いヴィンテージではありませんでした。フェルトン・ロードの畑でも、前年冬から春にかけては、経験したことのないほどの暖かさとなり、開花も成長も急速に行われ、ペースを乱されました。

一転、夏になると夜通し涼しくなり、風も出て、発育はペース・ダウン。自然と収量も落ち、緩やかに育てることができたそうです。1月の早い段階で十分な降雨もあり、水分も熱量も申し分無く享受。栽培期間も長く取ることができ、結果としては完璧な果実が収穫できたそうです。


バノックバーン地区
南緯45度に位置するセントラル・オタゴは、世界最南端のワイン産地です。バノックバーン地区は、セントラル・オタゴのほぼ中心部にあり、三方向を山々に囲まれ、ボウル状の緩やかな盆地となっている地区です。

夏季シーズンは暑い日中と涼しい夜の寒暖差が大きく、乾燥した秋の後、冬はマイナス5℃まで気温が下がり、準内陸性気候のもと、多様な微気候と地形が存在します。バノックバーンは、オタゴのサブ・リージョンの中で、栽培シーズン中もっとも気温が上昇し、他の地区よりブドウの熟度が高いとされています。

美味しくても、安いピノはどうしても味わいが霧散してしまいます。最初は良いのですが、旨味が外に外に散るように抜けてしまうため、結局は舌にも心にも残りません。対してフェルトンのバノックバーン・ピノは、旨味が一度、内に内にグっと入り込む印象。

この瞬間、一緒に飲み手をも巻き込み、引き寄せます。その後の旨味の解放がなんとも心地よく、今もう十分旨いですが、更に熟成を経ることで、この開き方が益々素晴らしいものとなるでしょう。

Wine Spectator (2018.10.15)より 【WS96点

「Elegant, fresh and vibrant, this red starts of wonderfully perfumed, with lavender, white pepper and green tea notes that accentuate the purity of the cherry and raspberry flavors. Polished tannins still provide some grip on the finish, where white truffle and forest floor details linger. Drink now through 2032.」

スペクテイター誌では飲み頃を2032年まで(!)と述べていますが、本当に一本はそれくらいホールドしていてみたいな…と思わせるピノです。この価格を「高い」と感じさないピノ・ノワールは久々でした。

因みにここ十年で、スペクテイター年間TOP100の10位台にランク・インしたのは、この2018年度のフェルトン・ロード’17年と、2015年のエスカープメント’13のたったのふたつだけ。"十年で2本" しか出ておりません。紛れもない快挙です。

オタゴ・ピノに格付けがあれば、間違いなく一級はここ。まだ上位には幻のブロック・シリーズも控えているというのに、スタンダード版で既に史上ナンバー・ワン…圧巻ですね。

■204本完売! 12本追加いたしました。
■ワインスペクテイター誌96ポイント [ 2018年間TOP100/#12 ]
■グルメ・トラヴェラー・ワイン96ポイント
■ボブ・キャンベル95ポイント
■ジェームス・サックリング94ポイント
■パーカー監修アドヴォケイト誌92ポイント
■デキャンター誌92ポイント
■スクリューキャップです。コルクはついておりません。

≪2018年度WS誌年間TOP100入り「そのもの」≫●[WS96点/GTW96点/BC95点/JS94点/RP92点] フェルトン ロード ピノ ノワール "バノックバーン" セントラル オタゴ [2017] (正規品) Felton Road Pinot Noir Bannockburn [赤ワイン][ニュージーランド][セントラルオタゴ][750ml]

ほほえみごはん

ほほえみごはんを見る

「冷凍」することや「冷凍食品」をもっと身近に。お役立ち情報をお届けするWEBマガジン。